よもやま話 ~あくまでも僕の個人的日記です~

どーでもいいことも、どーでもよくないこと...その他諸々。
Chris Spedding に関係ないことが大半...
ご質問はトップページにある CONTACT からどうぞ。
日本語の掲示板はトップページ一番下、中央より右側に「日の丸」があるんで、
そこをクリックしてください。

記事一覧

ご冥福をお祈りいたします

昨日、スマホにSMSが入った。登録のない方から英語で。
「僕はxxの夫です。xxが先日亡くなりましたので、お知らせします」
ここ数年何の連絡もなく、Face to Faceも購入されてないのでどうしたんだろうとは思っていたが。
彼女のスマホに僕が Chrisで登録されていたらしい。旦那さんにしたら、とにかく知人には連絡しようとテキストしてくれた次第。
この女性、もちろんおっしょさんファン。たまたま同じAndy Fraserのライブを見に行くということで前日にロンドンのパブで飯を食い、翌日ライブに行った。僕よりはるかに若いはず。心よりご冥福をお祈りいたします。
Face to Faceをご霊前に供えてもらおう。

アメリカからご到着。DVD6枚ぐらいだっけかな。
メインのひとつがニルソンのBBCライブ。ご丁寧に2枚入ってる。紙袋に2枚あるから2枚とも送るとメモが。
で、2枚とも再生できない。1枚にデータはあるんだけど。まぁ、データが必要だからそれさえ壊れてなければ、僕的にはかまわん。けど、不良品。
もう一つのメインが Montreux 2001のpart1とpart2。よりによってちょ~圧縮されてる。一番いい画質だと3GB弱のところが763MB。当然画像が粗い。
もう、ここで DVD買うの止めよう。やっとれん。
4枚の不良品、返金じゃ。

  • 2020年02月14日(金)07時24分

ついでに

アメリカで受け取ったDVDが17枚ぐらいだったと思うけど、5枚に不具合あり。こんな商売やってちゃダメですよ。不具合あったのはすべておっしょさんに関係ないから助かったけど。

ついでなんで、持ってるDVDのチャックを始めた。TOTP 48枚、Supersonic 15枚、DISCO 5枚。スーパーソニックの一部は見たけど、どれを見たかなんてメモも残してない。全部をちゃんとチェックしよう。1枚に90分入ってるとして、いつ終わるんやろ? 途中でほっぽり出してまたビデオ編集に戻りそうだ。

----------------------------------------------

映像チェック、結構楽しい。TOTPは1枚に2時間入ってるけど、すでに5枚終了。
おっしょさん、ちょこちょこ出てきてるんではないか。
Mike Battの Bright Eyes、Justin Haywardの Forever Autumn (TWOTW)とか。明らかにレコードとは違う。
で、Bryan Ferryの What Goes On。これ、とっても臭う。オリジナルのWaddy Wachtelさんはアメリカの人。録音に参加してないとは言い切れないけど、可能性は低いのでは。この人が参加してたレコード持ってたけど、いいギター弾きだったと思う。だから覚えてるんだけど。
リズムギターの音とドライブ感はおっしょさんのような気がしてならない。放送は1978年だろうから可能性は十分にある。それにしても、髭はやしたBFさん、きちゃない。人のこと言うなって? ごもっとも。

おっしょさん関係なくても70年代の懐かしい曲があって楽しいぞよ。さて、6枚目にとりかかるか。

  • 2020年02月13日(木)05時19分

DVDチェック

ザクっとはアメリカで見てたけど、ちゃんと内容を確認して、いるものはカットして保存の作業中。
今のところ3枚に1枚に不具合がある。まぁ、目的の映像は確認できてるからええけど。まもなく届くものに不具合があったら、これは許さん。
でも、僕は優しいから、不具合があったディスクとか内容を修正・追加した方がいいものは伝えよう。仏TV ChorusのRGはなんとライブではなく、Rock Billy Boogieのプロモ。がっくしもいいところ。

ついでに。
Labi Siffreは違いますな。迷うほどもない。
Linda Hoyleのバックのギターはやっぱおっしょさん。
ドイツのテレビライブは Musikladen。これ正規に出てるやつ。まだ買ってないけど。
しかし、入ってる映像はきれい。初回放送当時に録画したものとは思えない。再放送があったんかなぁ。ロンドンに過去のテレビ放送を見ることができる施設があるようで、そこでダビングしたものだろうか。ここって誰でも見られるわけでもなく、本当の関係者しかだめっだったような記憶がある。

  • 2020年02月12日(水)07時52分

そりゃそ~よねぇ

Curved Airの音を確認した。

初日は最後尾・少々右寄りの座席。右隣におとなしい兄ちゃんひとり。レベルは適当に合わせた。
結果は、いっこは割れてて即消去。もういっこはええ感じ。ただ、どこからか聞こえる「パチパチパチ」という拍手がちょっとね。まぁ「ギャ~」とか「キャ~」といったどうしようもない声は一切ないから、かなりいいんだけど。

翌日、ふたつとも録音レベルを気持ち下げてミキサー卓の前に立つ。左右のバランスもいいはずだし、まわりに客はいない。最高の状態。結果は当然極上。ベースとミドルを少々上げたら、サウンドボードちゃうけ? 目の前をカメラマンや客が歩いてたから、その辺の音はわからん。確認してない。あったらがっかりするだけだから。長さとレベルを調整して終了。

Curved Airが再び同じセットリストではやる可能性は極めて低いんじゃなかろうか。おまけに Mike Wedgwoodが特別参加。超貴重・超高音質でっせ。海賊盤出したろか...
ミキサー卓の前にノイズ用のマイクを置いてたから、公式に録音してるんじゃないかと思うんだけど。

書き忘れてた。Mike Wedgwoodさんてかなり好きかも。歌はうまいし、ベースもいい。白髪・ロン毛のポニーテールだし。ファンになろうかしらん。

  • 2020年02月11日(火)07時52分

おわり

昨日のカーヴド・エア、完璧?
彼らのライブ知らんから勝手なこと言うけど。おとといは出だしで「これミスだよね?」みたいなのが2,3回あったんだけど、きっちり直してきた。サウンド・エンジニアに「昨日よりいいよね?」と聞いたらうなずいてたから間違いないでしょ。昨日も昼からはみっちりリハだったんだろうな。

昨日は一番後ろの中央で立って見てた。しっかし、1部が1時間15分、2部が1時間20分とサービスしすぎ。Air Cut以外の曲を知らんから結構辛かったりする。
それにしても、ソーニャ・クリスティーナさん、遠目には金髪ロングにした上沼恵美子さんがオジー・オズボーンの振りをまねてるようで、おもろかった。ロビーで彼女の大昔の写真を売ってたけど、これがシックスパックのちょ~ビキニ。30キロ増じゃきかんな、ありゃ。

会場には400弱の席が設けられていたけど、両日とも7割強の入りだろうか。10人か11人で来られてる。黒字でたんかなぁ。

以前にマネージャーが「日本からCDのバックオーダーがないんだけど、なんでや?」と聞いてきたけど、ま、これが現実でっせ。

結果としては来てよかった。なんせ、カービーさんに会えたんだから。7月にやるとかいうソロ、バンコク一人旅とバッティングしませんように。
川崎って面白い街だった。昭和40年代と令和が入り乱れてて。
行きたかったホルモン焼き屋さんに満席で断られたから、次回東京に来ることがあれば、川崎に泊まるのもありだな。羽田がめっちゃ近いし。

  • 2020年02月10日(月)07時01分

ありがたいことで

カーヴド・エアのライブ、涙目だった。眠くて眠くて。
カービーのギターはいいんだけど、昔とは違う、っていうか、求められてるものが違うから仕方ないか。けど、Air Cutの曲はよかった。彼らの中ではロックっぽいから。

で、アフターショー。自分から「toshioだ」とカービーに名乗り出た。ちゃんと知ってた、というか覚えてた。
ストレッチの4thにサインもらうときに「このアルバムは大好き」と言ったら、彼はレコードもCDも持ってないという。確かに、あとの3枚はレパートワーとかがCDにしたけど、なぜかこれだけはCDにしていない。レコード会社が違うからかなぁ。で、僕は3枚持ってるから、送ることにした。

僕が、chrisspedding.comをやってることを明かしたら、一時スニップスとツアーをやってたと教えてくれた。オーマイガー! それ見たいんですけど。近々やってよ。BFさんそっちのけで行くから。

他のメンバーもいい人ばかり。土産も気に入ってくれたし、よかった、よかった。

  • 2020年02月09日(日)06時25分

ご出発です

ほんま何しに行くのかよくわからん。
カービーのソロLP、ストレッチの4th、カーヴド・エアの Air CutのLPは準備した。サインもらったところで、何なの?という気もするけど。

朝昼晩はどこで食うか決めた。おいしいことを祈るばかり。

ご一行は昨日午後到着されてる。コンサートの前日ですか...

今朝はRG 19781231PassaicのDVDを取り込んでデータでの保存作業。音はやっぱダメだったからトレントのに差し替え。映像はピッチが速いから音に合わせて速度を遅める。ついでにガンマとコントラストをちょっとだけいじって、いったん終了。帰ってきたらシャープネスをかけてみよう。

そうそう、DVDからVOBファイルをコピーしたら長さが変だったりということは前に書いたけど、これを修正してmpgにしてくれるありがたいソフトが見つかった。
昨日、リンダ・ホイールさんの映像を取り込んだら、同じ症状だったから再び検索したらフリーのソフトが見つけた次第。このソフトめっちゃいいわ。で、LHの映像はというと、ちょこちょこノイズが出てるけど、仕方がない。見られるだけでもちょ~ありがたいんだから。
モントルーのビデオが届いたら、前のも合わせてやるべ。

  • 2020年02月08日(土)08時35分

あかん

おっしょさんのブート、シアトルはどっちも海賊盤で出てたんや。ま、ええ。
たぶんアメリカでの初ソロ、トレントに上がってたのを落としたのが見つからん。DVDに焼いてファイルの中にあるんやろうけど、探すのめんどくさい。これ、やっぱSBD。
けど、どれも元はmp3や。高音域に音が入ってない。それもかなり圧縮したやつが元ちゃうかな。買わんほうがよかったかもしれん。

昨日からダブル攻撃開始。自分のパソコンで編集。VHS-DVDレコーダーでVHSをDVDにする。どっちも720 x 480。画質は変わらないんとちゃうけ? いるところだけ残して、65分ぐらいづつディスクに収める。あとはPCに取り込んでカット、あるいは2枚以上に分かれたものはつないでいっこのファイルで保存。どや?
ロジャー・ダルトリーさんのBBCドキュメンタリー、ほてい様のメイキングもの、あれにアンディ・マッカイさんも登場してたなんて知らんかった。Roxyのトロント・ライブ、CS & 100インチ・ネイルとか。
今日はなぜか3本もある ジョン・ケイルさんのカンサス・ライブ。同じ内容なのに、全部日付が違うんだけど、どれが本当なんだろう。

DVD屋さん、早く返事ちょうだいよ... 遅いことは牛でもできるんじゃ。

eBayにもリストアップした。なのに検索しても出てこん。どういういこっちゃ? やり方まずかったんかな。昔とは違うしなぁ。時間が必要なのかもしれんし。ちょこちょこチェックしていこう。
eBayにしろヤフオクにしろ、ここで売りたいとは思ってない。これを見てサイトに来てくれて買ってもらう。これが狙い。つまりふたつとも広告。その方が買う人は安くて済むし、こっちも利益率が高い。PayPalの手数料だけで済むから。
できるだけ売って利益を出したいには違いないけど、まずはおっしょさんへのロイヤルティの確保。このために、まずは利益率の高いところで売る。ある程度いったらアマゾンやデジタル配信で数を稼ぐ。売れ残っても安売りはしない、つもり。
どうなんやろ、安いなら買うという人はどれぐらいいるんだろう...

----------------------------------------------

編集してたらDVD屋から返事あり。モントルーあったって。一部の返金にも応じよったし。バンザイ。あとはちゃんと届けよ。

  • 2020年02月05日(水)04時18分

お~

することないから、10枚のブートをリッピングした。
82年シアトル以外はSBDかもしんない。んやろかいい音に聞こえる。そういや、リヨンは昔ebayで売られていたような気がする。買わずじまいだったけど、これと同じなんやろか。

  • 2020年02月02日(日)20時58分

忘れてました

おっしょさんのブート、5枚組2セットは届いてました。内容は
ソロ 1978年10月3日 マックス・カンサス アーリー
ソロ 1978年10月3日 マックス・カンサス レイト
どっちかが日本の海賊盤で出ていたと思いますし、トレントに上がってたのではないかと。
ソロ 1982年4月 シアトル アーリー
ソロ 1982年4月 シアトル レイト
たぶんレイトショウが海賊盤で出ていたかと。
セットリストは3曲ほど違ってるようです。
RG 1978年12月31日
正規盤(?)が出ましたよね?
以上がvol.1。続いてvol.2
ソロ 1980年12月29日 トロント
海賊盤でも出てます。スニップスとのやつです。
JC 1987年4月18日 ボトムライン レイト
JC 1987年7月13日 ローンスター アーリー
JC 1987年7月13日 ローンスター レイト
ソロ 1989年11月17日 リヨン
以上。JCについてはトレントで上がってたんじゃないでしょうか?

聴いてませんので、音質はわかりません。それ以前にちゃんと音が入っているのかも...
CD-Rですが、ジャケット・インサーツもかなり安っぽいけどちゃんと作っていて、レーベルも写真を印刷。で、プラケース入り。こんなもんを作ってくれることはありがたいことで。作った人もファンなのだろうか?

さてまもなくお引越し。周りには数件の飯屋しかないところだから、午後はずっとPCに向かってることでしょう。

  • 2020年02月02日(日)02時56分
Web Diary